クレジットカードはアルバイトでも持てますか?

クレジットカードを念のために持っておきたい、いざという時の為に持っておきたいという方も中にはいらっしゃるかと思います。
そこで少し疑問が出てくるかと思うのですが、アルバイトやパートの方でもクレジットカードを持つことは出来るのでしょうか?
満20歳で安定した収入を得ている方でしたら、どなたでもカードを持つことが出来ますので安心して下さい。
条件を満たしていない方は、持つことが難しいので覚えておいていただければと思います。


クレジットカードの審査は?

についてなのですが、個人情報と信用情報について確認されますので記入ミスなどしないようにして下さいね。
この信用情報というのは、お金に関する情報が記されています・・・勤務先や年収・他社から借入などを複数していないかということを確認されますので、すでに借入などをしている方は、そちらを先に片付けるべきだと思います。
安定した収入を得ている方でしたら、比較的問題なく通ることが出来るかと思いますので、安心して良いと思います。


年会費無料のものってあるの?

クレジットカードの中には、年会費が無料のものがありますので初めてお持ちになる方でしたら、こちらの方がよろしいかと思いますよ。
年会費が無料でしたら、毎年年会費を支払う必要がありませんので、安心してお持ちいただけるかと思います。
やはり初めてカードをお持ちになる方は不安なこともあるかと思いますので、安心できるものが良いですよね。

クレジットカードの選び方について教えて

クレジットカードを選ぶ時、どこに注目してから決めるようにしていますか?
やっぱりその機能とか金利などで選んでいる人もいますし、知名度や審査の早さで選んでいる人も多いのでは?
選び方は人によって変わってきますが、一番いいのは目的によって選ぶことだと思いますよ。
自分がどのくらいの頻度でカードを利用するのか、これで決めた方が賢いかもしれませんね。


クレジットカードの年会費に注目

クレジットカードには年会費と言うものがあります。
普段からよく利用する人は、年会費を支払ってもいいかもしれませんが、たまにしか利用しない人は年会費が痛手ですよね。
たまにしか利用しない、いざという時に備えて持っておく、という人は出来るだけ年会費無料のクレジットカードを選んだ方がいいかも。
年会費も積み重ねていけばそれなりの金額になりますから、自分がどのくらいの頻度で使いたいのか把握しておきましょう。


支払い方法について

クレジットカードでお会計をする時には、支払方法を決めることになります。
多くの人が分割払いを選択していると思いますが、一括で返済できる金額なら一括払いの方がお得なのでお勧めです。
一括払いだと手数料が取られないのでお得なんですよ。
でも、無理して支払うのは良くないので、自分に合わせて支払方法を選ぶようにして下さいね。

クレジットカードのランク

クレジットカードを一番初めに作るときには、よほど社会的(金融業界的)に信用度の高い職業についている人以外、一般カードからスタートします。そのうちにゴールドカードへのインビテーションがあるか、自分で申込みを行って、ゴールドカードを所有します。このゴールドカードまではそれなりにカードを使用して、きちんと払っていれば、そのうちに「いかがですか」とカード会社の方からお誘いがあります。それがインビテーションです。しかしゴールドカードの上位カードも、会社によっては用意されています。


<ゴールドカードのすぐ上のランクは>

ゴールドカードのすぐ上のランクのカードは、プラチナカードです。利用限度額もゴールドより高く設定されていますし、提供されるサービスもゴールドより充実しています。プラチナカードまでは巷で目にすることもありますので、おおよそ年収1000万円クラスであれば、インビテーションを受けるのではないだろうかと予想できます。プラチナカードよりも上位ランクのクレジットカードは、ブラックカードになります。


<ブラックカードについて>

ブラックカードは「戦闘機も買えるカード」と言われ、利用限度額がない認識している人も多いようですが、実際は個別に限度額は設定されています。年収1500万にインビテーションの条件を設けているのではないかとされていますが、基準は明かされていませんので、あくまでも予想です。自分から申し込みを行うことはできません。クレジットカード会社から選ばれた人のみが所有することが出来るカードです。

クレジットカードは世界で使える!

今では多くのクレジットカードがありますが、その中でも便利なのはやはり国内でも国外でも使う事の出来るカードですよね。
特に海外旅行をされる方には非常に便利なものなのではないでしょうか?
今現在、世界で使用できるのはJCB・VISA・マスターカード・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブの5つとされています。
それぞれ特徴やルールが異なりますので、前もってよく調べてみて比較をしてから選ぶことをお勧めします。


クレジットカードの審査に通ろう!

まずお申し込みの際にも必要になるのが審査です。
その審査の内容は個人情報や信用情報を確認されるという事ですので、嘘偽りなく提出をすれば何も問題はありません。
また、使用する方によってその基準が変わってくるそうなので心配な方は手続きの際に質問したりして確認するようにして下さいね。
余程のことが無い限りは通れるかと思いますので、不安感をあまり持たずに。


注意事項をちゃんと守ろう!

クレジットカードを使用する上で大事なのは、注意事項をきちんと守ることです。
例えば他人に貸してはいけないとか、カードの磁気を電化製品などに近づけてはいけないとかちゃんと把握して保管するようにして下さいね。
他にも過度に使ってしまったり、返済日を守らなかったりということのないようにしていただければと思います。
返済日を過ぎて支払いをする事を続けていると、借入などが厳しくなってしまうので注意して下さい。

参考サイト;クレジットカードのおすすめランキング(http://www.creditcardranking.biz/)

即日発行のクレジットカード審査

デパートなどで即日発行のクレジットカード受付を行っているのを見たことがある方もいるかと思います。新規入会キャンペーンや、クレジットカードを作ることで割引サービスなどを受けられる期間限定のセール中などは、特に即日発行の受付は混雑します。


通常は30分くらいで

即日発行型のクレジットカードは、その場で本人確認書類を提示し、カード会社に提出する審査申込書に必要事項を記入することで申し込みが完了します。銀行口座などの登録は、発行されたときに登録用紙をもらうので、後日、自分で記入、捺印して郵送をするのです。このときに発行されるカードは仮カードと呼ばれるもので、後日届く本カードが届くまでの間だけ利用できるタイプが多いようです。本カードが届いたらハサミをいれて自宅で破棄すればいいので、カードを返却する手間などはかかりません。


限度額は当日発行だと低い

当日発行のものは、限度額などが低く設定されているものが多いと言われています。その日に、その場で発行を行うことから、高限度額のクレジットカードではなく、買い物で割引などを受けられるという権利をその場で発行してもらうと考えるといいかもしれません。本カードになれば、限度額などもキチンと設定されるそうです。

年末の大バーゲンに備えよう!

年末に向けていよいよ各デパートやショッピングモールでのビッグバーゲンが始まる季節になってきましたね。楽しい気持ちを害するはやはり「お財布」問題です。しかし、クレジットカードを使えば上手にお買いものが出来ちゃいます。周りの子よりもオシャレに決めちゃいましょう。


クレジットカードで上手にお買いもの

クレジットカードによっては、新規申し込みによって特典ポイントや現金相当のお買いもの券がもらえる場合も多くあります。バーゲンで値段が下がっている所にさらに数千円の特典サービスが追加されるとなるとかなり大きなメリットになりますよね。あなたの「もう一着」を叶えてくれるはずです。


審査スピードを上げるテクニック

とはいっても、クレジットカードを作るのにも時間が必要です。仮カードを発行してくれる場合もありますが、そうでない場合のクレジットカードでは審査に時間が掛かってせっかくのお買いものチャンスを逃してしまう可能性もあるかもしれません。物欲を抑えられないあなたにオススメなテクニックは「取りあえずキャッシング機能なし」で審査お申込みする方法です。審査で時間がかかるのはキャッシング関連の事柄が大きな割合を占めていると言えます。もし、キャッシング機能が必要であるのであれば後から追加申請する事もできるのでご安心下さい。

クレジット審査とカードの枚数

クレジットカードは営業先での支払用にステータスの高いカードを持ちつつもポイント還元率の高い普段使い用のカードを持つ等、二枚以上のカードを持っている人も少なくありません。これはカードローンと違いクレジットのショッピング枠に関しては特に総量規制等の貸出額を制限する法律が無く、信販会社の采配にかかっているからとも言われています。(ただしキャッシングに関しては総量規制法によって利用可能額が制限されます。)ただ用途にあわせてクレジットカードを使い分けるのは便利ですが持ちすぎにも気をつけなくてはいけない点があります。


クレジットカードの審査に影響

クレジットカードの枚数が増える事は単に財布が嵩張る、管理が大変といった意味だけではなく、新たなカードを作る時の審査に影響する為です。クレジットカードはカードローンと違い何枚でも作れるようなイメージがもたれがちですが、実は明確な数こそ出ていないものの持てるカードの数にはある程度限界があります。もちろん信販会社によってその基準は異なりますが、法的制限があるわけではなく単純に複数枚持っている事で返済能力が疑われるという事です。これらの事から新たなカードの申し込みはもちろん、ゴールドカードの申し込みや増枠を申請する際にも少しでも使っていないカードを解約したほうがパスする確率が高くなると言われています。


管理面での難点

また前述の通り枚数が増えると単純に管理が大変なのもあります。例えば特に自分で利用料を支払に行くタイプの支払方法ではどのカードで何を買ったかが混同すると最悪払い忘れによる高めの利息を支払う事になりかねません。また案外見落とされがちなのはクレジットカードには有効期限があり、更新を忘れているといざ使おうと思った時に使えなかったというケースもよく聞きます。

クレジットカードはブラックでも持てる?

いわゆるブラックリストに載ってしまっている人でもクレジットカードは持てるのでしょうか?


そもそもブラックリストって何?

地獄の閻魔様が持っている閻魔帳のようなものをイメージされるかもしれませんが、実は「ブラックリスト」というリストは存在していません。ただ一人一人の情報に「支払が遅れた」「何か月間滞納していた」といった情報が記録されているだけのことです。もちろん何も問題なく支払を続けている人の記録には、その通りのことが記録されていきます。申込書がクレジットカード会社に届くと、カード会社はまずこの「過去の利用情報」を「信用情報機関」というところに問い合わせて教えてもらいます。この情報の中に「この人滞納回数が何回もあるよ」という情報が記録されていると審査には通らなくなります。


ブラックでも持てるクレジットカードの正体とは

ではネット上でたまに見かける「ブラックでも持てるクレジットカード」の正体とは何なのかというと、クレジットカード会社が加盟している「信用情報機関」が違うということです。信用情報機関は国内にいくつかあり、それぞれの機関は、担当している会社が異なります。なので、Aという情報機関に登録しているクレジットカードで支払いを滞納して「ブラック」になってしまっても、Bという情報機関に登録しているカード会社にはその情報が手に入らないので審査に通るということが起こり得るのです。

クレカ審査に申込む際の注意点

クレジットカード会社にこれから申し込みをしようと思っている方にお教えしたい注意点があります。収入や仕事がしっかりしているという点や、素性がはっきりしている点というのは審査において最低限守るべきポイントですが、それ以外に実は気をつけておかなければいけないことがあるのです。


同時に複数のクレジットカードに申し込んではいけない

下手な玉も数撃ちゃ当たる論で一気に色々なクレジットカード会社に申し込みをすると、審査に悪影響を及ぼします。同時期に複数のカードへ申し込みをしているとそれだけお金に困っていると思われるので、たとえカードを作れたとしても限度額があまり高くならない場合もあります。そうならないためにも、まずは1社だけにしぼって申し込みをしましょう。そこでもし落ちた場合には最低でも半年ほど待ってから次のクレジットカードに申し込む様にしましょう。


年数は長ければ長い方が良い

またこれから引越しや転職を考えている人は、その前にクレジットカードを作っておきましょう。仕事の勤続年数や住居の居住年数は長ければ長いほど信頼に繋がります。つまり、引越しや転職をしてからカードを作るというのはやや不利なのです。これから申し込みをしようと思っている方はその点も頭に入れておくとよいでしょう。

審査に落ちやすい人の共通点

クレジットカードの審査に落ちやすい人というのは何故か散見されます。いったい何がいけないのでしょうか?


クレジットカードの審査に落ちない秘訣

まずやはり出来ることと言えば、「キャッシング機能をつけない」ということでしょう。クレジットカード会社は買い物や食事などの様々な料金の支払いの「たてかえ」を目的としたものなので、本来現金を貸すことはメインの業務とはしていないのです。ついでに言えば、カードならどこでいくら使ったのかを確認する術がありますが、現金の貸し出しではそれを確認することが出来ませんし、その理由を問うことも出来ません。もしかしたらギャンブルなどにハマっていて最初から現金を借りる目的でクレジットカードを作り、キャッシングを繰り返して現金をもらって、最終的には自己破産するつもりである可能性もなくはありません。そういった不安を持たれないために最初からキャッシング機能がついていないカードを選ぶのも手です。


申込書は丁寧に

このサイトの色んなところで書かれているかと思いますが、結局はやはり申込書は丁寧に正確に記入するということが最善かつ全てです。あとたまにいるのですが免許証や保険証が期限切れや資格喪失しているものを送る人もいます。これは全くの無意味なのでやめてください。

クレジットカードの審査ってどうやっているの?

クレジットカードに申し込むと必ず審査が行われます。これはクレジットカードを持つ上でほぼ避けることが不可能となっています。


クレジットカードの審査ってどうやるの?

ではその実態はいかに?ということで、ここで解説していきたいと思います。まずクレジットカードの申し込みをするとカード会社に申し込み内容が届きます。まず絶対に確認することは、申し込んできた人物が実在するかどうかという確認です。なので、名前や住所や電話番号の誤字脱字は非常に命取りとなりますので注意が必要です。年収や職場を確認するのはその次です。現金を長期間にわたって貸し付けるキャッシングなどとは違い、クレジットカードは基本的に現金を貸すものではないので、安定した収入があると分かれば年収の額はさほど重視されません。


重視されるのは?

上記でも申し上げた通り、何よりも「正確性」が肝心です。誤字脱字はもちろんですが、最近ではスマートフォンからでも申し込めるクレジットカードもありますので、その際は「誤変換」「タップミス」なども起こり得ますのでより一層注意が必要です。また、住所の建物名を省略する方もよく見かけますが、これも絶対にやめましょう。特に都心部では同じ番地にアパートやマンションが並んでいることが多々あります。